湿気を抑えてカビ対策

湿気を抑えてカビ対策

湿気の多い時期に問題となるカビの対策を考える上で、一番重要な事は湿気をどれだけなくせるかになります。梅雨の時期はどうしても湿度が高めになってしまうので、カビが繁殖しやすい環境となっています。一昔前までは、この梅雨の時期に徹底的にカビ対策を実施していましたが、最近作られた住宅と言うのは高気密な上に高断熱となっているので、年間通して湿気がこもりやすい環境となっています。それなので、どの時期であろうともカビ対策をする必要性があります。

 

カビが繁殖しやすい好みの環境としては、まず湿度が高く75%以上で、尚且つ気温が20度〜30度の状態、そして食べカスやフケなどが豊富にあると栄養源になるので好ましい環境と言えます。以上の条件が全部揃ってしまった場合に、梅雨時期でなかったとしてもカビは繁殖してしまいます。確かに冬など寒い時期は乾燥しているものですが、家の中は閉め切って暖房をつけている状態なので、高温で湿気が高くなってしまう為結果としてカビの繁殖を助けてしまいます。その様な理由の為、例え寒い冬の時期だとしてもカビ対策をする必要はあります。

 

何度も言う様に、カビ対策には湿気を抑える事が一番重要になります。それなので、まず第一に除湿を行い湿気を抑える事を考えましょう。熱い夏場の時期は、当然の事ながら換気する事が重要ですが、雨が降っている場合には湿気所か、雨が侵入してきてしまいます。その様なケースにおいて、換気扇を回してしまうはタブーなのも覚えておきましょう。効果が期待出来る方法としてはエアコンや除湿機を使う事が挙げられます。また、部屋はエアコンを用いて除湿する事が可能ですが、浴室にはエアコンがないのが普通なので、窓があれば窓を開けて換気扇を回す様に努めましょう。

 

それから、湿気が溜まりやすいのは何も水回りだけではないのを頭に入れておきましょう。特に注意が必要なのがマンションに代表される気密性の高い集合住宅で、その気密性の高さゆえに湿気が押し入れにこもってしまいます。押し入れに溜まってしまう湿気の対策としては、スノコを敷いてスノコの下に出来た隙間に新聞紙などを丸めて突っ込んでおくと、非常に効果が期待出来ます。また、天気が良くカラッとしている日には、押し入れの戸を開けて風が通る様にしておくと湿気対策になりますね。



≪全品送料無料≫擦らず落とすカビ取り剤ジェル状【4個セット】≪ポイント2倍≫【性欲剤.COM 【stmx店】】≪全品送料無料≫擦らず落とすカビ取り剤ジェル状【4個セット】≪ポイント2倍≫
4,032円

☆全品送料無料・ポイント2倍キャンペーン中☆擦らず落とすカビ取り剤ジェル状/生活雑貨・家電
Ads by 電脳卸

楽天オススメ商品

アドセンス広告